スキンケアヲ行う時間

スキンケアは入浴後すぐに

お風呂のスキンケアの時間の目安

お風呂上がりに必要なスキンケアは、化粧水は手でつけることです。肌の内側から外側に向けてしっかりとつけます。つけ終わったあとに指を肌に当ててもっちリとした感触があるか確認します。目元は顔の中で最も皮膚が薄く乾燥しやすいので全顔用クリームを使うときは、余分な力が入らないように注意してたっぷりとつけます。スキンケアの正しい順番は、最も乾燥しやすいのは顔で保湿はスピードが大切なので上がったら1分以内に化粧水をつけます。また体の保湿をします。水分が乾く前にボディクリームを塗ります。次に乳液や美容液など残りのフェイスケアをて仕上げていきます。他のケアをすることで効率よく時間を使うことができます。

お風呂の時間を有効活用

シャワーだけで浴槽につからずに済ませている方も多いでしょうが、一日の疲れを癒すためにも、美肌のためにもしっかり温まることは大切です。お風呂の中でしっかりと体を温めることは血行を促進させて体に溜まった老廃物を出すことができます。ただ入っているだけでは時間がもったいないので、時間を有効活用するためにも浴槽のなかで出来るスキンケアを行いましょう。足先から順に揉みほぐしマッサージをすることで体全体の血行がよくなり、全身のスキンケアになります。そうすることで毛穴が開き、汚れが落ちやすくなりますので、お風呂に入ったあとに洗顔をすれば毛穴の奥に溜まっていた汚れまでしっかり落とすことができるのです。

↑PAGE TOP

Copyright & copy; お風呂で出来るスキンケア All rights reserved