温かくしてスキンケア

湯船に入ってスキンケア

スキンケアに重要なお風呂の温度

お風呂に入ることでスキンケア効果が期待できるということは知っている方も多いと思います。温かい湯船に入ると血行が促進され、肌の新陳代謝が良くなり、汗も出て体の老廃物や毒素を外に出してくれます。これにより、肌荒れ防止や肌のきめを整える、美肌を作るといった効果が現れることがあります。しかしこれらの効果を得るには適切な湯船の温度があります。それは、少し熱いかなと思うくらいすなわち、38℃から40℃くらいの温度です。熱いお風呂が好きな人もいると思いますが、熱すぎるとすぐのぼせてしまうので、肌の水分を奪われたりすることがあります。スキンケア効果を得るためには少し熱いかなと思うくらいの湯船に入ることが重要なのです。

お風呂の後にはすぐにスキンケア

日本人が大好きなお風呂は、1日の終わりに楽しみにしているものです。そんなバスタイムを過ごしたあとは、すぐにスキンケアを行いましょう。入浴は毛穴汚れまで落としきりますので、スッキリと爽快な気分に切り替わることができます。心なし体も軽く感じられますし、メンタルのストレスまで洗い流されていきます。素肌も心も軽くなってバスタイムを過ごしたら、清潔なタオルで水分をオフしましょう。バスタイムで失われた水分は、バスタイムが終わったあとに、スキンケアによって素肌に満たしてあげることができます。すぐに化粧水やミルクで、保湿を実行です。

↑PAGE TOP

Copyright & copy; お風呂で出来るスキンケア All rights reserved